読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンズアンドローゼズがやっぱり大好きだ

ガンズアンドローゼズとともに青春時代を送りました。おかげで英語が得意になり、それを仕事にしています。ガンズは好きだけど、知らないこともいっぱいあるので教えてください。

映画「ロックスター」

映画

ハードロック、ヘヴィメタル好きの人は楽しめるんじゃないかと思います。

 

f:id:gnfnr:20170221225605g:plain

2001年制作のアメリカの映画です。

f:id:gnfnr:20170221215213j:plain

物語の核となるカリスマロックバンドのメンバーがすごいのです。

リードギターザック・ワイルド(元オジー・オズボーン、ブラックレーベルソサイアティ)

リズムギター:ニック・カタネーゼ(ブラックレーベルソサイアティ)

ベース:ジェフ・ピルソン(元ドッケン)

ドラム:ジェイソン・ボーナム(レッド・ツェッペリンジョン・ボーナムの息子)

 

 

それにしても、アクセルもそうだけど、若い頃美形だった白人ロッカーって、おじちゃんになるとプロレスラー化しちゃうんですね。

f:id:gnfnr:20170221233427j:plain

 すごく強そう!

 

 


Steel Dragon - Stand Up & Shout - Miljenko Matijevic Version

ほんとにかっこいいです。

この歌声は、マーク・ウォルバーグの声ではありません。

歌っているのは、マイク・マティアビッチです。

 

あらすじは、カリスマ大御所バンド「スティール・ドラゴン」に憧れて、スティールドラゴンのトリビュートバンド(カバーバンドではなく、トリビュートバンドというのが彼のこだわり)をしていた青年が、そのバンドを追い出されてしまうが、その憧れの「スティール・ドラゴン」から、新しいボーカルにならないかと誘われる。それから・・・

 

でも、ぶっちゃけこの映画の魅力は、話の筋よりも、なんと言ってもスティール・ドラゴンの演奏です。それに、アメリカのライブやバンドの雰囲気ってとこですかね。

 

あと、ジェニファー・アニストンが可愛い。

ティモシー・スポールがいい味出してる。

 

これは、80年ロックのファンは見るべきです。というか、ロックやメタルに興味がない人が見て面白い映画なのかな…。そっちの感想も聞いてみたいものです。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ぽちっとしていただけると励みになります。

↓  ↓  ↓


音楽(洋楽) ブログランキングへ

 


にほんブログ村